痩せるサプリメントの存在を知っていますか?運動や食生活などポイントを抑えた上でサプリの服用をすることで効率よくダイエットが出来ます。その方法や、話題のダイエット薬などを紹介します。このサイトを思いのままご活用ください!

パンを食べている男性
  • ホーム
  • ダイエットがきっかけで拒食症になってしまうことも

ダイエットがきっかけで拒食症になってしまうことも

テレビや雑誌で見るような憧れの芸能人、かわいい服を素敵に着こなしてステージを歩くモデルなどお手本にしているセレブのようになりたいと思ってダイエットを始めると、無理をして拒食症になってしまうケースがあります。
イギリスやアメリカでは若い女性の過激なダイエットが社会問題として扱われているほどで、痩せすぎのモデルはショーに出演できないことを法律で定めている国も出てきました。
体系のコンプレックスを解消するためにダイエットを始めたのに、目標体重に到達したあとも食事をしなかったり無理な生活を続けているとだんだん不健康になって、いつの間にか全く食事ができなくなってしまうことがあります。
また太ってしまうのが怖かったり、痩せていく自分が好きで骨と皮だけの姿を美しいと感じるようになったら拒食症の疑いがあります。

太りすぎの人はダイエットをすると健康的な標準体重になったり体系をきちんと維持するために役立ちますが、もともとあまり太っていないのに細身のモデルに憧れてもっと痩せようとしたり、ほとんど食べない食生活を続けていた結果として胃が収縮してしまい、普通に食べられなくなる人もいます。
美しくなるために始めたダイエットがきっかけで不健康になって、太りたくても太れなかったりどうしても食事ができず、食べた物を吐いてしまったり、悪循環に陥るとなかなか元の生活に戻れません。
戻ることができてもバランスが悪いスタイルになったり肌荒れや生理不順など体のトラブルが起こることもあり、健康のためにはよくありません。
特に若い女性はスタイルのコンプレックスを抱えていることが多くて、少しでも体重を減らすために無理なダイエットを行う傾向があります。

短期間で激やせをしようとして何日も断食をしたり、水だけで生活したり、食べた物を自分で吐いてしまったりするのを続けると取り戻しがつかないことになる場合もあるので気をつけましょう。
少しずつ体重を落としていけば急激に食事を減らすことがないので拒食症になるリスクも少なくなりますが、短期集中型のダイエットをしている人は不健康な方法で行って体を壊す危険があります。
特に食事を極端に減らす生活を続けていると食べることを忘れてしまい、少しでも食べると太ってしまうような不安に襲われて全く食事ができなくなって拒食症になる可能性が高いので、なるべく無理のない長期的な方法で目標体重を目指すようにしましょう。

拒食症になってしまう原因について

拒食症になる原因の多くはダイエット中に無理なプランを立てて食事を全くしなかったり、食べたり吐いたりするのを繰り返しているうちに体が食物を受け付けなくなってしまうことです。
ストレスや心配ごとなども原因として考えられますが、痩せる願望がある人は食事そのものをストレスと感じてしまいます。
一度拒食症になってしまうと少しでも太ってはいけないと信じて食事を拒否したり、油が全く食べられなくなったり、骨が浮いたような姿を見て美しいと思ったりするようになるので危険です。
ダイエットをするときは健康的な美しさを手に入れるように計画を立てましょう。

拒食症の治療法について

ダイエットが原因で拒食症になってしまったときの治療法は、まず専門家に相談して診察を受けることです。
精神的に支えてくれるクリニックや心療内科などを受診して悩みを打ち明けたり、同時に体の健康状態もチェックして最適な治療法を選んでもらうことが大切です。
専門家の治療を定期的に受けていれば少しずつ以前のように食事ができるようになり、体も回復して標準的な体重に戻ったり危険な状態を回避できるので、拒食症になってしまったらまずはクリニックに行ってアドバイスを求めましょう。
無理なダイエットは生死に関わる危険もあるので、自己判断をせずきちんと治療することが必要です。

関連記事