痩せるサプリメントの存在を知っていますか?運動や食生活などポイントを抑えた上でサプリの服用をすることで効率よくダイエットが出来ます。その方法や、話題のダイエット薬などを紹介します。このサイトを思いのままご活用ください!

パンを食べている男性
  • ホーム
  • 有酸素運動ばかりしても痩せない理由

有酸素運動ばかりしても痩せない理由

有酸素運動をしているのに痩せないと感じたことはないでしょうか。
それは脂肪の燃焼のシステムに要因があります。
単純にいつでも有酸素運動をすれば痩せるというわけではないということです。
同じ運動をしても、空腹の時と満腹の時とでは使用されるエネルギー源が変わってきます。

また、有酸素運動によって脂肪が燃焼するには脂肪燃焼ゾーンに注目した運動をすることも必要になります。
これ以外のところで有酸素運動をしていても効果は低くなると考えられます。
ランニングは有酸素運動の代表的なものですが、これもだらだらとしているとその効果はあまりでません。
有酸素運動によって痩せるということは、脂肪が燃焼されているということを意味します。
脂肪が燃焼されるには、酸素と結合してエネルギーに変わる必要があります。
体内でこの結合が頻繁に行われてエネルギーが消費されるようになると、体内にない酸素がまず不足することになりますから、酸素を大量に補給するように体が反応し始めます。
これが有酸素運動でカロリーが消費されている状態だということになります。

ということは、有酸素運動で痩せるためには、この酸素が不足しているぐらいの状態を続けていくことが必要になるということです。
つまり、ハアハアと息がしんどくなるような状態をかなりの時間続ける必要があるということです。
こうした状態にならないで、単に有酸素運動をしているだけというのでは、痩せないというのはある意味では当然です。
運動をしたからカロリーが消費されるというのではなく、実際に脂肪が燃焼されて初めて痩せるわけですから、これをしっかりと認識する必要があります。
有酸素運動をしたからではなく、脂肪を燃焼させたから痩せるということを覚えておきましょう。
運動をするときの具体的な目安としては、息がしんどくなるような状態で運動を続けることが必要になります。
少ししんどいので、途中でやめたということになれば、それで当然脂肪も燃焼されなくなります。
脂肪が燃焼されなければ痩せないということになります。

ある程度の運動の強さで続けられるという意味ではランニングやクロスバイクというのはいい運動であるということには間違いがありません。
ただ、そうした運動をするにも単に走ればいいというものでもなく、ある程度の強さは必要になるということです。
クロスバイクなどでは走行距離に応じて消費したカロリーが表示されるものもありますが、そのカロリー表示を信じても意味はありません。

空腹での有酸素運動は無意味!

空腹での有酸素運動をしても意味はありません。
というのは、空腹時に有酸素運動をすると体脂肪ではなく、糖質と脂質をエネルギー源として使うので、脂肪は減らないということになるからです。
また、空腹時の有酸素運動は低血糖や脱水症状になりやすいので、脂肪を燃焼させるところまでの運動が出来なくなることがあるからです。
脂肪を燃焼させるには、ある程度の強さの運動をして、脂肪燃焼ゾーンといわれるところまでの負荷をかけた状態にする必要があるのですが、そこまでいくまでに、体の方が悲鳴を上げてしまうということが考えられるからです。

痩せたいな脂肪燃焼ゾーンにこだわる

痩せたいというのであれば、脂肪燃焼ゾーンにこだわった有酸素運動をする必要があります。
有酸素運動をしているのに、痩せないという人の多くがこの脂肪燃焼ゾーンにこだわっていないということが考えられます。
単に有酸素運動をしていても、この脂肪燃焼ゾーンに入るまではほとんど脂肪は燃焼されていません。
この脂肪燃焼ゾーンに入ってようやく脂肪が使われ始めるわけです。
当然脂肪を減らすには、この脂肪燃焼ゾーンで運動を続けるということも必要になります。
一つの目安は息がハアハアといいだすぐらいの運動になっているかどうかです。
息が切れてきたら、そこから続けるようにしていくといいでしょう。

関連記事