痩せるサプリメントの存在を知っていますか?運動や食生活などポイントを抑えた上でサプリの服用をすることで効率よくダイエットが出来ます。その方法や、話題のダイエット薬などを紹介します。このサイトを思いのままご活用ください!

パンを食べている男性
  • ホーム
  • 本気で痩せたいならゼニカルを使おう

本気で痩せたいならゼニカルを使おう

重い感じを出ている男性

ダイエットで痩身効果を得るには、食事制限や運動が必要であることが多いです。
その場合、辛くて我慢のダイエットとなり、継続できず挫折してしまうこともあります。
本気で痩せたい、そして挫折しにくいダイエット薬がゼニカルです。

ゼニカルは、錠剤なのですが、世界17か国で利用されている経口内服型のダイエット薬です。
ダイエットに大敵なのは、高カロリーで燃焼されにくい性質を持つ脂肪分だといわれています。
ゼニカルの主成分であるオルリスタットは、食事に含まれる脂肪分の分解を担う消化酵素、リパーゼ酵素の働きを阻害する働きを持っています。
その効果によって、体に吸収されるはずの脂肪分が約30%もカットされます。
吸収されなかった脂肪分は、便として排出されるしくみです。

脂肪分をコントロールすることで、効率的に痩せることができます。
また辛い食事制限は必要ありません。
無理な食事制限をした場合、反動やストレスによって過食になったり、痩せるどころかリバウンドしてしまったりすることがあります。
食事制限をすると我慢なしでは過ごせないことが多いですが、ゼニカルなら食生活を変化させることなく、我慢なしで減量効果が得られます。

またリバウンドのリスクもありません。
軽減された脂肪分を排出した便で確認できるため、効果を実感しながらダイエットを継続していくことができます。
服用方法は、1食あたり1錠を食事のタイミングに合わせて飲むだけです。
ゼニカルを飲んだ後、24時間~48時間以内に便と一緒に体外に排出されます。

効果のあらわれかたは個人差がありますが、72時間以内には必ず効果が出るといわれています。
服用を開始してから、2週間程度で減量効果が実感できます。
その効果は、飲み続けることで継続して得られます。
ゼニカルに含まれる成分も、便と一緒に排出されます。
わずかな量の成分は一時的に腎臓に残留するものの、3~5日後には99%以上が体外に排出されます。
充分な減量効果が得られ、ゼニカルの使用を止めた場合は42時間~72時間以内に効果が弱まり、次第に排出される脂肪分の量が減っていき、元の便の状態に戻ります。

神経へ働きかける作用や依存性はない薬なので、長期にわたっての服用が可能となっています。
ゼニカルは、日本では認可されていませんが、世界17か国で利用されている薬で、安全性の高さは証明されています。
国内処方で手に入れるか、個人輸入によって手に入れることができます。

ゼニカルとマルチビタミンを併用する

ゼニカルを服用する際には、脂溶性ビタミン不足対策にマルチビタミン剤を利用しましょう。
脂溶性ビタミンには、A、D、E、Kなど複数ありますが、ゼニカルによる効果によって脂溶性ビタミンの吸収も妨げられてしまいます。
それによって脂溶性ビタミンが不足するという事態になります。
重症化することはないものの、目の乾燥や肌荒れ、免疫力低下、血行不良など体への不調が起こりがちです。

そのような症状が起こるとビタミン不足の可能性があるため、市販されているマルチビタミン剤を利用するのがおすすめです。
その場合は、ビタミンの吸収を妨げないよう、ゼニカルを飲む前後2時間以上の間隔を空けて飲むようにしましょう。

ゼニカル服用時は放屁に注意

また、ゼニカルを服用するときに注意したいことは、放屁、つまりオナラです。
ゼニカルによる効果で、消化されなかった脂肪分が消化不良を起こした状態になり、若干お腹がゆるくなり、下痢気味になったり、オナラが出やすくなることがあります。
放屁やくしゃみなどの衝撃によって、便が出てしまう可能性があるのです。
脂肪分だけ排出されることもあります。
そして、便や脂肪分によって下着だけでなく、衣類にまで染みてしまうこともあります。
急な放屁や便意にも対応できるよう、特に外出時は生理用ナプキンを使用することがおすすめです。

関連記事